リンゴの詩の「読むだけ電話代の無駄だよ日記!」(←長っ!)


過去ログ一覧   ホームへ
>日記に対するご意見、ご感想、並びに愛情1本は、こちらの掲示板をご利用ください。


次の月 2002年10月の日記 前の月

今日見た夢 2002/10/31[Thu] 10:05
最近、よく夢をみます。
今日見た夢は面白かったので書きます。

なぜかわたくし、ヤイコこと矢井田瞳と一緒に劇団四季を見に行ってるんですよ。(笑)
「ゆりかもめ」に揺られながら、ヤイコと会話してる自分。

ヤイコ「ところで君はだれ?」
俺「僕は、○○(本名)なんですけれど・・」
ヤイコ「そうか、おんなじ学校なんやな」
俺「ハァーそうですね。んでも、ヤイコさんすごいですよねー」
ヤイコ「そうか?まぁまぁやで」
俺「いいや、そんなことないですよー、一生懸命頑張ってるやないですか?」
ヤイコ「そうかなー、まー確かに、少しは前向きに頑張ってる
   かもしれへんな。しかしぃー、お前誰?」
俺「だから、私は○○ですよー。あのー去年大阪ドームの
 カウントダウンライブ見に行きました」
ヤイコ「あっそ。」
俺「・・・・」

そんなこんなでフツーの会話をしていたら、
劇団四季が近い駅に到着し、ゆりかもめから僕達は降りました。
で、その時、わたくし、重大なミスをしました。
なんと車内に「財布」と「パスネット」を忘れてしまい、
大慌てで駅員にそのゆりかもめを止めてしまったのです。
無事、忘れ物をGETした私は、ヤイコと一緒に劇団四季を見にでかけたました。

そこで目が覚めてしまいました。

なにやら不思議なお話です。



管理人の仕事はなんだなんだ!? 2002/10/29[Tue] 21:41
私の仕事は多種多様です。(笑)
つーか、変な仕事ばかりだ。
つーか、わけのわからん仕事ばっかしだ。
WEBの仕事をしていると突然、
「おお!これはウチの会社と同じじゃないかっ!」
って驚愕する場面に出会う。

それもエロで。

っていうかね。
僕は好きで「トリンプ」
メールマガジン購読してるんじゃないアルヨ。
嗜好趣味で

「いやっほー!
天使のブラに新製品が登場!
いえぇーい!こりゃー買わなきゃー!きゃきゃ☆」

みたいな女子高生騒ぎはしないし、断じて購入したりもしませんのよ。奥さん!
ま、トリンプさんとはぜんぜん関係ない私のように見えて
関係している私なのである。(笑)

大手女性下着メーカー「トリンプインターナショナルジャパン」
http://shop.triumphjapan.com/

仕事場でトリンプのホームページをよく見ているのですが、
すんごく誤解されるのが厭です。つーか、やっぱり厭です。
もちろん心の裏腹では
「すんげーブラの仕組みだなー、
 寄せてあげるのかぁー、こりゃー男は騙されるわ」っと思ったりもするのですが・・・(笑)
デザインがキレイな所は素直に認めます。
私は黒ブラが大好きな人間なんですが、
たまにこういったカラフルなブラでもOKかなぁ〜って
思うときがあります。
ま、「恋するブラ」とか「天使のブラ」とかネーミングセンスはさすがだなーって思いますね。
私なら「揺さぶられたいブラ」とか「手のひらになりたいブラ」とか「姉さんのブラ」とか
「見栄も隠しもしませんブラ」みたいにわけのわからないネーミングつけちゃうもん。(笑)

ま、それにしても管理人好みのブラは「C'est Ca」だな。

このファッション最強!
この格好でスプラッシュマウンテンにぜひ一緒に搭乗してもらいたい気分です。
一緒に写真撮りたいです。

いや、マジで。

こんなことできる人希望します。(笑)

それにしてももう一つのサイトは危険すぎるため
ここには書けません。

がっ!

Keith Jarrettを聴きながらこの日記を書いていますが、
夜はついつい覚醒しているので書くぞーコノヤロウ!

「なんでAVデパートなのぉー!」
http://www.avdpt.jp/
これまた一つ、私の仕事と関係があるサイトに出会ってしまいました(笑)
はぁー今日からAVデパートもチェックしまくりです。
うへぇー人間廃業だわさ(笑)
また同僚の目が怖い日々が始まります。

今度はAVだからなかなか言い訳するのがむずいのぉー。


あなた以外見当たらないの 2002/10/22[Tue] 00:26
さて今日はとことんヤイコ論。

ヤイコこと矢井田瞳最新アルバムが10月9日に発売された。

「i/flancy」


ヤイコにとって約1年ぶりのサードアルバムである。
前々作の1st「Daiya-monde」、前作の2nd「Candlize」と同様に
ヤイコのアルバムタイトルは、すべてヤイコ自身による造語である。
今タイトルは、9曲目に当たる「i can fly」をもじって作られた。
ヤイコにとって最新アルバム「i/flancy」にかける壮大なコンセプトは
この「i can fly」に集約されている。
つまり、「飛躍」だ。

今まで作られた過去のアルバムと比べると今作は
まったく違ったテイストを直感することができるであろう。
それは、今までのヤイコの特徴である「歌声の広さ」や
こぶしをきかせた演歌調のバラードが一切無いのである。
気軽に鼻歌で歌える曲がかなり少ない。
極論を言えばカラオケしづらい。
覚えやすいメロディラインがないと言っても過言ではないだろう。
それによって最新アルバムは、今までのヤイコファンの間で賛否両論をまねいているのも事実のようだ。

どれもつまらない、駄作。
聴いても飽きる。ぜんぜんヤイコっぽくない。
期待はずれ・・。

確かに僕もはじめてこのアルバムを聴いた時、そう思った。
まったくつまらない。鼻歌で歌えるメロディラインが一つも無い。
心に深く切り刻まれるメロディラインが少なすぎる。
どうしちゃったの?ヤイコ!

でも、しかし・・・
このアルバムを深く深く何回もリピートして聴いているうちに
かなり精巧に作られた秀作なアルバムであることに気づかされた。
まさに聴けば聴くほど味がでる。
まず、このアルバムは「ライブ」を意識して作られていると思われる。
それは、1曲目の「Creamed potatoes」を聴いて直ぐに気づかされた。
まさにライブ1曲目にもってこいのポップチューン。
それに出だしはまさにライブのオープニングに似合いすぎのカッコ良さ。
憎いことにオーディエンスが拍手しやすい出だしである。
また、このアルバムのすごい所は、今まで作られたヤイコのアルバムは金太郎飴のごとく、
シングルカット曲の印象が強く、一つ一つどこを切ってもよくできていたのだが、
今作は絶対に一つ一つパーツに区切ることができない。
頭から聴き始めたら最期まで止める事ができないのだ。
それほど曲順がうまく構成されている。
曲の流れがすんげー心地よい。脱帽である。

そして、今アルバムのなりよりも注目すべき点は、
ヤイコっぽい曲があんまりないことである。
これは特異なことである。
まさに新しい飛躍だ。
今までのヤイコらしいROCKも無い。
ヤイコらしい歌声のオブラートも少ない。
ヤイコらしいせつなさもない。
敢えてヤイコらしい曲をピックアップするならば「アンダンテ」くらい。
それ以外はまさに今までのヤイコでは考えられないような曲である。
例えば5曲目の「虹のドライブ」なんてまるで「元ちとせ」。
8曲目の「会いたい人」はcoccoっぽい。
その他、今までヤイコと言えば演歌っぽい邦楽ROCKシンガーのイメージが強かったが
今作ではガラリと180度変わり、洋楽ポップチューンが多い。
これはJ-POPばかり聴いていた高校生や大学生にとっては
非常に受け止めがたい事実だろう。
こぶしや日本人好みのメロディラインが一切無いから
日本人ウケする曲が極端に少ない。
このせいか今作は、かなり酷評されている。
しかし、洋楽を聴いてる人間にとってはすんなり聴ける曲が実に多い。
逆に3曲目の「アンダンテ」は全11曲の中から比べると非常に
異質に聴こえてしまうのはなぜだろう。
もし「アンダンテ」がセカンドに収録されていたならば
まったく違和感はないと考えられる。
まさに今作は脱ヤイコROCK演歌だ。

私がすごく気に入った曲は「未完成のメロディ」「虹のドライブ」「Dizzy dive」「会いたい人」
「i can fly」「明日からの手紙」
特に「Dizzy dive」「会いたい人」「i can fly」という流れが一番スキ。

今作は恨みっこ無しの「純潔な恋」をモチーフにした歌詞が多いこともかなり好感が持てる。

前に行く感じ、まさにi/flancyである。

さぁ、「今作のヤイコのアルバムは駄作だ」と言ってるみなさん、
もっともっとたくさんの音楽を聴きましょう。
そして、このヤイコのアルバムがものすごく気持ちの良いものと思えるようになったら
きっとあなたもかなり音楽通になった証だと思います。

i can fly


PS

それにしても今サードアルバムはすんげーいい。
新しいヤイコを発見した感じです。
ここ最近ずっとエンドレスに聴いています。


一年前の写真を見ました。 2002/10/16[Wed] 19:47
やっぱり一年前の私はデヴゥだった。
くろさんが撮ってくれた禁断の写真をついつい間違って見てしまったー!

ぐや゛し゛ぃー(涙)

それにしてもあの当時の私は、今と比べるとかなりヤバイ!
つーか、激ヤバ!
つーか、激ヤベ!
つーか、激デヴゥ!
頬がパンパン!眉毛ボーン!
それに髪が黒い!
今の私もかなり激ヤバだけれど、一年前の私のほうが
さらに激ヤバであった。
例えで言うなら、UFOのソース焼きそばを3分待たずに1分21秒で
お湯を捨てて食べるくらい激ヤバなのである。
それくらい一年前の私は、愚体だった。
あの当時から比べると今はあれから「−12Kg」減量(実質今年の4月からダイエットをはじめた)、
眼鏡もあれから2回変え、髪形も色を染めて少しづつ変え、
またとある癒し系からの助言&刺激により筋トレ(腹筋、腕立て伏せ、ボクシング等)を
週3回しているので少しはおやじ化から脱出したと自負している。

いいや、まだまだ駄目かも・・・。

この間、停電の時に電話で話したKさんが
「○ーさん、どうしたのよぉー?
 服なんてまったく買わなかったのにさぁー。
 ウチのお店で服を一万円以上買ってくれるなんてめっちゃ不思議だよねぇー。
 あんなにファッションに気にしなかった人が、今では
 インナー、アウター、カットソー、ブルゾン、コーデュロイ、ベルベット、ジャケットなど
 一緒に話せるなんて変!つーか、おかしい!つーか、激ヤバ!
 ○ーさんには似合わないよ。」

そりゃーそうだ。
今までオシャレなんてしたことなかった私なのである。
オシャレをする必要なんてなかったんだ。
それがここ最近では、オシャレ代にバンバンお金が去っていく。
今月で4万以上使ってる。
先月は3万。
これは普通の人から見ると当たり前の予算かもしれないが、
今まで衣服にかける予算が5000円以下、もしくは限りなく0円に近かった私には
とても不思議な不可解な出来事なのである。
ま、やっと私も普通の人に近づいてきたのかなっと思った次第なのだ。
まだまだ発展途上中の此処最近の私なのである。

PS そんな私もついに先日「おじさん」になってしまった。
  そう妹の赤ちゃんが生まれたのである。
  ま、ここで紹介するのもなんなんですが、
  一応ね、意味も無いけれど、紹介する。
  
  ま、赤ちゃんは可愛い生き物だ。


僕らのあの時代はバブリーだったの巻 2002/10/09[Wed] 00:18
今日一日、私は仕事をきちんとしていたんだろうか?
とってもビミョーな一日である。
それもそのハズ!
だってお昼からビール飲んだんだよ。
ビールだよ、奥さん!
わかる?
ヒールじゃないよ?
カールでもないよ?
つーか、カールは歯につまるのな。
これ非常にこまるのな。
で、カールのカレー味はこれうまいのな。
おっと話が脱糞、否、脱線してしまった。
で、そう昼間っからビール。

ビール、ビール、ビール、ビーム、ビール!

上の言葉のうち、ひとつだけ違う言葉があるのに
気づいてくれたかどうか微妙ではあるのだが、
まぁ、そんなことはどうでもいい。
それとこれとは関係ない。
森本レオと水沢アキも関係ない?


で、だ。
しかるになぜ私は、お昼からビールを飲んだかと言うと、
昔、大学時代にお世話になったバイト先が
このたび閉鎖となり、急遽出席したのである。
ま、所謂「お別れ会」だ。
それにしても自分が昔働いていた場所が無くなるのはちょっと寂しい。
いや、ちょっとどころではないな。
ちょっっっと寂しい。
小さい「っ」が3つくらい増えるくらい寂しい。

私は、もうご存知の方も多いとは思われるが、
某ダイ○ーで働いていました。



ま、このロゴをだしてしまうとさっきの文章で
伏字にした意味がまったくないのではあるのだが、
気にするな。
気にしちゃうと北海道の一番東の町名ってなんだっけ?っと気になるぞ。
それにずっと気になっていたCCレモンのCCは
「ビタミンCがいっぱい」という意味だ。
サントリーに直接きいた私なのである。

どうだ?すごいだろう!(笑)

すごかねぇー。(涙)

んなわけで、私は大学時代、ダイエーで約2年間バイトをしていた。
私がなぜダイエーをバイト先に選んだのか、
その理由は・・・・

1、パチンコ・ダイエーと間違ってしまった。
2、ダイエーの中内会長に会いたかったから
3、ダイエーの女子社員の服装が好きだったから
4、イトーヨーカドーの名前があまりにも長すぎるから。
5、人気ゲームメーカータイトーと名前が似ていたから
6、「さとりの書」を持っていたから

っと全部嘘を書く私は馬鹿である。
ホントの話は私が仙台にいた頃、ダイエー仙台店様にはいろいろとお世話になったのだ。
ダイエーの庶民的なお店の雰囲気が好きだった。
気軽に入れる。気軽に買い物、気軽にエスカレーター。
気軽にミルキー。気軽にトイレ。
ダイエーは、この「気軽に」が似合う。
もし、キャッチコピーの製作依頼が私に届いたならば、
速攻

「気軽に気軽にダイエーに!」

っと考える。

ボツだな、こりゃー。

それにしても今日は楽しかった。
マネジャーことY本MGRは、
相変わらずわけのわからないことばっかり言ってますが、
今思えば良きマネジャーだったと思ってます。
秋田にお帰りになるのかどうか知りませんが、
頑張って欲しいと思います。
別れ際に握手を求められた時はちょっと動揺してしまいました。
まさかマネジャーから握手を求められるなんて
想像してなかったもんで・・・。

あと、派遣のS根さんは、相変わらず一家に一台ほしいオヤジで
私にとってもいいオヤジだ。
ほんと今日のカラオケは面白かった。
アフロのカツラ、めっちゃ似合っていたし・・。
ほんと次はどこで出会えるか?不安です。

あと背がでかいSさん!
カラオケでパフェ頼むのはよしましょうよ(笑)
いくら酔った勢いだと言ってもカラオケでパフェ頼んだ人初めて見ました。
みんなで大爆笑してましたよ。ほんと。
面白い人だー。
モー娘。の「ザ☆ピース」を歌っていた時のノリが
すごかったです。
タンバリン叩く、叩く。
これでもかと叩く。
見ててびっくりしてました。

あとはそうですね、
私の知らないパート、アルバイトさん達は、
昔と変わらず個性派揃いで素晴らしい。

で、最後にHさんのことを。
やっぱりHさんはすごい。
Hさんを見ているとこっちまで元気が出てくる。
ま、実際、Hさんは、パートのおばちゃんなんですけれど、
(おばちゃんって本人の目の前で言ったら殺される)
とっても良い人なんですよ。
私が長年バイトできたのもHさんのおかげです。
Hさんからいろんなことを学びました。
これまでのHさん語録をまとめると

「そんなことしなくたって誰かがやってくれるよ。」
「あーあー、またあの馬鹿店長がっ!」
「暇な時は遊ぶに決まってるでしょうがっ!」
「暇だなー、これからどっかいってサボっか?」
「あたしはなんせアイドルだからさー」
「もう全部、タダでやるよ。」
「どうもありがとございましたー」(すっげー低調)

私にとってはHさんは、第二の母である。

ほんといい歳してるのに「若い」。
考え方が若いのである。そして、面白くて明るい。
そして常に「そのうちなんとかなるでしょう」的考え方がスキだ。
なんであんなに若いのだろうかっといつも思うのである。
40超えてもあのバリバリの若さは、すごいものだ。
さすがヤンキー育ち(笑)
最近はめっちゃ綺麗になって二度ビックリしてしまいました。
さてさて、Hさんの双子の娘のどっちかを私の嫁にくれるっていう計画はどうなったものか?(笑)

ま、そんなこんなでとっても楽しかった打ち上げでした。
ほんと今思えば、私が働いていた時のダイエーは、
めっちゃ忙しかったけれど、天国だった。
家電だけで1日の売り上げが1000万円を超える日なんてよくあったしね。
ほんと売り上げ1000万円を超える日なんて、
人がいっぱいでめっちゃ大変だったなー。
なんであんなにお客さんがいっぱいいたのか不思議なくらいである。

それが今ではもうない。
悲しい。

売り場が無い。

人もいない。
もうなんだか涙がでてきた。

私はダイエーでバイトをしていてほんとよかった。
楽しかった。
今私がいれるのもダイエーでたくさんのパートさん達に出会い、
いろんな手助けを受けてきたからだ。
ほんと感謝してます。
そしてなりよりも家電の個性派揃いに!(笑)
あのメンツだったら劇団作れるよ、マジで、ほんと。
劇団四季ならぬ

劇団家電

どう?これ?(笑)

ま、それにしてもほんと一人くらいフツーの人が居てもよかったんじゃないの?

でも、いい。
ほんとお疲れ様でした。
そして、さようなら。




Feel Like Dance じゃなくて Dancing だろう! 2002/10/06[Sun] 19:50
おいらのKEIKO姉やんが
小室哲哉と結婚しちゃいました。


http://www.nikkansports.com/news/flash/f-et-tp0-021006-12.html

大変鬱である。(笑)
なんてこったである。
うぎゃーである。
ん・・・・KEIKO姉やんだけは結構信じていただけに
残念だ。

今年は、宇多田ヒカルといい、KEIKO姉やんといい、
なんだかおいらの大好きな彼女達が結婚してしまっている。

小室哲哉という男は、違って意味で
敏腕プロデューサーなんだなーっ。

ぜひ、離婚なんてしないでほしいと切実に願いたい。

それにしても、
「料亭 山田屋」はこれにて安泰になのか?
ちょっとばかり気になる今日この頃の私なのである。


今日も眠れない。 2002/10/05[Sat] 22:22
気になって気になって夜も眠れないって事がないだろうか。
私にはある。
私はとっても神経過敏である。
小さなことにとっても神経を使う質なのである。
例えで言うなら、マクドナルドにあるハンバーガーの
ピクルスがいつもより少ないと
そのハンバーガーはハンバーガーじゃない。
だからハンバーガーと呼ぶよりは、中途ハンパーガーと呼んでしまう。

「中途ハンパーガー、ワンプリーズ!」
「センキュー」

あーなんて不思議な会話なんだろう。


そんなことより訊いてくれ!
最近、ごっつ気になることに出会ってしまったのだ!
それがものすごく気になって、気になって、夜も寝れないのである。
今日日記を読んだ諸君、あなた達はものすごく
この日記を読んでしまったことに後悔するであろう。
なぜならこれを読んだらすっごく気になるからである。
例えでいうなら、「王様のブランチ」が全国で放送されていないくらい
気になるのである。

ん・・・・微妙だ。

さて、苦悩の世界へようそこ!
ちょっと間違ってみた。

でも、「ようそこ!」は「ようこそ!」っていうコトバよりも
なんか知的な感じがする。
それは、「東京商船大学」よりも「追手門学院大学」のほうが
なんとなくついてないかも・・って思うのと同じ感じだ。

ん・・これまた微妙か。

で、だ。
最近気になった事。

それは、

CCレモンの
CCってなに?



あーだめだ。
気になる!
CCレモンのCCってなんだよ!

これでみんなも共犯者。
悩めよ、悩め!
これを読んでしまったからには、今すぐにでも
CCレモンのCCを調べた熱血漢がいるだろう。
そんな漢が好きだ。

さー気になって気になって私と一緒に
朝まで覚醒しようではあるまいか?

そんな不眠症な毎日が続く私なのである。


氷河時代がやってくる 2002/10/03[Thu] 08:35
久しぶりに今日みた夢はどこか儚くて、切ない夢だった。

真新しい学校の体育館に僕はいた。
その体育館では、なにやら楽しそうな劇が公演されていた。
僕はその劇の一部始終を楽しんでいた。
劇の前半が終わり、休憩時間を利用して僕はトイレに向かった。
廊下を歩き、学校の玄関口をくぐり、近くにあるトイレに入った。
最初は特に気にすることもなかった。
しかし、後になってからそのトイレは、男女共有のトイレであったことに若干驚きを感じた。
なんせ男も女もシーシー音を立てながらションベンをしているのである。
その後、用を済ませた僕は、なぜか体育館に向かわずに
階段を登って4Fを目指した。
4Fは、幻想的な緑色に覆われていた。
その階は、どうやら一年生のクラスらしく僕の目の前には
若い女子高生がたくさん廊下にたむろしていた。
僕は正直「あーもうこんな若い人達とはお話できないなー」っと疑心暗鬼になっていた
その時、僕の名前を呼ぶ一人の少女が現れた。
「詩さん!」
(※なんで夢の中でも詩さんなんだろう?っていう突っ込み禁止(笑))
僕は声をかけてくれた少女を見つめた。
「まったく見覚えがない。誰だ、こいつ?」
っと心の中ボソッと呟いた。
少女は、色白で背が低く、茶髪ですこしポッチャリしていた。
どことなくキュートで可愛かった。
僕は夢の中でも人見知りをするタイプなので、ついつい
「君は誰なの?」っとその少女に向かって言った。
そうすると彼女ははにかむような笑顔で
「えー?詩さん、覚えてないんですか?
 あたしですよ。うにですよ、うに!」
「あーうにさんかっ」

その後、その少女は媚態で僕に衝撃的な告白をした。

「あたし、詩さんのこと、ダイスキ!」

「ハァ?」

そこで僕は、夢から目覚めた。
生まれてはじめて
自己防衛
を夢の中でしたのである。
心理学においてフロイトの時代から夢については研究され、
夢とは
「今置かれている君の現状の無意識的な欲求を表わす」
と言われている。
そう思うと、僕は知らない人にいきなり告白されてことに
自己防衛したというのは生まれてはじめての経験だと思う。
自己防衛とはなにか守るべきものがあって
今の現状に真新しい女性を受け入れる余裕なんて一切ないことを
表わしているのではないかと思った今日此の頃の私なのである。

昨夜読んだ夢野久作の「少女地獄」に収められている
「なんでもない」から「姫草ユリ子」の影響か。

PS

※リアルのうにさん、ごめんなさい。なぜかうにという名前が出てきたんですよ。
 それにうにさんが男か女か僕はわからんので、
 もし男だったらと思うと小一時間・・(略))


テイデン 2002/10/02[Wed] 00:33
台風21号のせいで午後9時からずっと停電だった。

たった今復帰。

それにしても台風ごときで停電になるなんて
今まで生きてきた中で初めての経験だと思う。

停電中、あまりにもやることがなかったので
久しぶりに携帯(デジタルツーカ)で電話しまくりました!
電話にでてくれた諸先輩の方々、
また親切にも携帯の電源を切っていた方々、
大変感謝しておりやす。
暗い部屋で一人でいるのは、やっぱり精神的に良くないな。
ハイになっている時に停電になると、精神が非常に不安定になる。
焦る。

部屋の中で蝋燭の火が揺れていました。
稲川淳二ムードバリバリでした。


次の月   前の月

       MonkeyBanana2.Com Free Counter

HTML Diary