リンゴの詩の「読むだけ電話代の無駄だよ日記!」(←長っ!)


過去ログ一覧   ホームへ
>日記に対するご意見、ご感想、並びに愛情1本は、こちらの掲示板をご利用ください。


次の月 2002年12月の日記 前の月

Music Of The Year 2002 in Ringonouta 2002/12/30[Mon] 23:28
ま、そんなこんなで今年も明日で最後。
折角なんで私が今年聞いたアルバムの中から勝手に
順位を決めて今年を締めくくりたいと思います。
まず、予め言っておきます。
私は今年になってものすごく、ものすごぉ〜〜くアルバムを買いました。
つーか、CDがいっぱいです。
なぜなんでせう?
私自身わかりません。
先ほどちょっと数えてみました。
そしたら、合計で200枚以上
ありました。(笑)
つまり今年だけで200枚のCDをGETしたことになります。
これはなんだかすごい数ですよね。
私は例年ですと、多い年で約10枚、少ない年だと5枚以下です。
去年は大体30枚くらいです。
そう考えると今年はその約7倍くらい私はCDを聴いたことになるんですね。
いやーそんなにたくさんCD持ってどないすんねんって感じなんですが、
折角いっぱい聴いたので、
その中から皆さんにオススメするCDを紹介したいと考えております。
ま、妥当に言えば、TOP10のCDは買っても損はしません。
つーか買え。って感じです。(笑)
それでは、私が2002年になって聴いた中から
私的な「Music Of The YEAR 2002」CDカウントダウン発表です!
(※2002年以前に発売されたアルバム含む)





どうでしょうか?かなり病的なランクです(笑)

まず第1位に輝いた「レディオヘッド」の「KID A」。
これは、2000年に発売されたアルバムです。
が、私がこのCDと出会ったのは今年、つまり2002年・・・(笑)
ほんと流行遅れといいますか、
まったく洋楽を聴かなかったせいかもしれませんが、
今年になってやっと洋楽を聴くようになりました。
それでこのアルバムと出遭ったわけですが、
この「KID A」は文句無しに1位です。
説明不要です。
気分がアッパーな時もダウナーな時もどういった精神状態でも聞けます。
この音楽を聴くと頭が逝かれてしまう状態を作ってくれるので
いつでも浮遊状態でダラダラ〜って感じでヤバイっ。
これは音楽の覚醒剤です。
ほんとこの曲は私にとってはなくてはならないアルバムです。
「ここは現実じゃない。ぼくはここにいない・・・。」
まさにそのとおりだ。

次に第2位のKeith Jarretの「ケルンコンサート」。
これは聴いていただければわかると思うのですが、
ピアノしかありません。ピアノの曲です。
が、しかし、これまたすごいんですよ。
なにがすごいって、このKeith Jarretっていうおっさんが!
彼は元々Jazzプレイヤーなんですが、今回のアルバムにはまったくJAZZじゃないんです。
じゃー、一体JAZZプレイヤーのはずの彼は、なにをしたのか?
その答えは簡単でした。
それは、「即興」です。
そう、元来、Jazzは「自分が感じた音楽を即興で奏でる」という醍醐味があります。
つまり、彼はそれをこのケルンコンサートでやってのけてしまったのです。
ピアノの目の前には譜面なんてありません。
彼は観衆の前で堂々と即興で芸術ともいえるテクニックで、
華麗なるメロディを奏でました。
まさに神です。
私はこの現実を知って彼を本当の天才だと思いました。
まさにこのケルンコンサートは、一度は聴いてみる価値があると思います。
音楽が好きな人は、こういった音楽も好きじゃないといけない気がします。
私はこの曲に救われた時がいっぱいあります。
癒し、バンザイです。
この曲を教えてくれた知人に感謝を記しておきます。

次に第3位のaiko。
「えっ!aikoっすか!?」っと思われた方が多いかな。
たぶん、私自身も「えっ!」って感じです。
しかし、今思えば、2002年発売されたアルバムの中では堂々の1位です。
そうなんです。
aikoの「秋 そば〜」はまさに今年ナンバーワンの傑作です。
駄作無し。全部聴けますし、それにジャンルが幅広い。
もう文句がありません。泣けます。せつない。
秋のせつなさの感傷ムードを味わう事ができる、
まさにカタルシスCDです。
こんな化け物アルバムをリリースしたaikoは、まさに天才ですね。
つーか、純粋に女の子なんだと思います。
女性はこういった気持ちなんだと思うんですよ。
そういったストレートな気持ちを歌にして歌うaikoが大好きです。
「秋 そば〜」はもう死ぬほど聴きました。
それほど私が惚れたアルバムです。
心傷ついたあなたにぜひ癒されましょう。
愛ってこんなに優しくて冷たいんだよ。でも、一緒に頑張ろう。ってね。
後半のバラード集はまさに逸品です。
aikoからaiko先生に格上げになりました。
こんな素敵な詩を書いてくれてありがとう。

第4位、SUPERCAR「HIGHVISON」
レディオヘッドの「KID A」を彷彿させるこのアルバム。
この音楽世界感大好きです。
つーか、スーパーカーほんとやってくれたよ。って感じです。
これはまさに「愛」のアルバムです。
はぁー最高で最低なアルバムです。
好き。です。

第5〜7位の「くるり」
くるりも実は今年になって初めて出会ったアーティストでした。
ほんと私は時代の流行に遅すぎですね。(笑)
今年前期におけるナンバーワングループです。
彼らが作るアルバムには一切の駄作がありません。
まさに今の若者像だと思います。
今年のライブ最高でした。

第8位 スピッツのカバー「一期一会」
このアルバムが8位なのにはわけがあります。
もし最後の曲「夏の魔物」がなかったなら、このアルバムは絶対にランク外でした。
それほどこの「夏の魔物」は私にとっては衝撃的でした。
「夏の魔物」をカヴァーしたのは、小島麻由美。
まさに400%以上の効果だったと思います。
すごく感動しました。この1曲で涙しまくりです。
「僕の呪文も効かなかった」・・・涙っすよ。
歌詞がすごい。スピッツ最高!

第9位 倉橋ヨエコ「婦人用」
もう言うことはありません。
今年ナンバーワンの新人です。

第10位 エゴラッピン「Night Food」
オープニングからアップテンポで聴かせてくれる今アルバム。
最後まで丁寧な音で作られています。
名作です。

なお、残り11位以下は、長くなるので省略しますが、
ピックアップして、
クレイジーケンバンドの「肉体関係」はめっちゃ笑えます。超オススメです。
ナンバーガールの解散は、惜しい限りです。
ヤイコの「i/flancy」はaikoの「秋 そば」と比べてしまうと
ちょっと評価が落ちてしまいました。
aikoさへいなければもっと高い評価だったかもしれませんが、
今回は、aikoの勝ちです。
最後にglobeの「light」について・・・
私は昔からglobeのファンでしたが、
今回のアルバムを聴いてふと「あれれ?」って私は思いました。
なぜなら今作は今まで違って歌詞が極端に暗い。
で、暗いなら暗いでいいんですが、
つらくて寂しいなら、私と一緒に幸せになろう。みたいな歌詞があちこちに出ています。
過去を忘れてお互い新しい道を進もうみたいな歌詞ばかり。
「あれれれ・・・」っと私は思いました。
なんせこのCDをリリースした時はまだ小室哲哉離婚してなかったんですよ。
で、結果としてその後、離婚してKEIKOとの結婚。
すべての辻褄が合点しちゃいました。
「あーなるほどーそういうことやったんや」ってね。
もしこのアルバムを聴く機会がありましたら、そういうイメージで聴いてみてください。
小室哲哉の心境を窺い知ることができると思います。
彼の切実な内省が吐露されてます。

そんなわけでいろいろ書いてきましたが、今年ももう終りです。
明日、私は「大阪」でヤイコのカウントダウンライブです。
大阪はめっちゃ遠いですが(笑)去年と違って今年はかなりやる気があります。(笑)
戦います。
なぜに今年はこんなにもハイなのでせう?
ん・・わからん。(笑)
そんなこんなで明日会える皆様、よろしくお願いいたします。

ってなわけで、今年一年ありがとうございました。
来年も良いお年をお迎えくださいね。

それじゃ、また来年なのだ!



王様 バンザイ! 2002/12/25[Wed] 23:54



この写真を見て、

「あっ!今日はライオンキングだっ!」

っと思ったそこの水瓶座のあなた!

するどい!

そうなんです。
今日はついにライオンキングです。
いやいや長かった。
このライオンキングのネタを書くまで約一ヶ月もかかってしまった。
一ヶ月もあれば、一体何が起こるであろうか?

え?なになに?
恋人候補がたちまち8人現われるって?
某090金融会社から10万円借りたら1ヵ月後に
100万円請求されるって?
ドコモのカメラ付き携帯電話が一気に100万人獲得したって?

ま、そんな難しい経済の話はこの際どうでもいい。
それにしても深津絵里なんですよっ!(笑)
マジで。
私は絶対彼女は、深津絵里だと思います。
忘れもしません。
電車の中で私の目の前に座っていた女性!
そう彼女は絶対にぜっっっったいに深津絵里です。
むしろ、私が深津絵里になってもいいくらいです。(意味不明だ。)
それくらい深津絵里に餓えていた私だったと思います。
だって似てるんだもん。
めっちゃ似てるんだもん。
私に夢少し持たせてよ。
こんな独身男性にも夢持たせてよ。
是非とも深津絵里の11月23日(土曜日)の行動スケジュールを教えてもらい気分です。
もし彼女が東京ディズニーランドに行っていたならば、
確実に私が逢ったのは深津絵里以外にあり得ない。
異議なしです。
そうでしょ、裁判長!
もうラーメンバー100本掛けてもいいですよ。
ラーメンバーが嫌なら毒ぺ10本掛けてもいいですよ。

ま、そんな深津絵里的な前フリはいいとして、
本題に移ろう。



ライオンキング

見てきました。
めっちゃ感動しました。
虚脱しました。
涙しました。

このライオンキングは、ずっと昔から見たかった劇の一つです。
以前「めちゃイケ」という番組で
ナイナイの岡村が劇団四季で演技を修行するという企画がありました。
その時、出演した劇が今回の「ライオンキング」でした。
岡村の役は、草や動物などとってもコミカルで動きの早い役だったのですが、
私はその時見たライオンキングの数々のシーンに深く衝撃を受けました。
だって、めっちゃ不思議な衣装に不思議な演技なんですから。
よくよく考えると人が動物を演じるんですからそれなりに不思議な世界観が
自然と出来上がってしまうんですよね。
あと私に決定的に興味を与えた一撃は、NHK紅白歌合戦でした。
紅白でなんと「ライオンキング」のオープニングが披露された時があったんです。
その時、親と一緒に「こりゃーすげぇー世界だなっ」っと深く感心したものです。
年越しそば食ってる場合じゃありません。
その衝撃以来、是非一度この目で見てみようと思い、ついにその念願が先月叶いました。

皆さんは知っているかと思われますが、
ライオンキングは、「劇団四季」という劇団が公演しております。
この劇団四季という演劇集団について私は実のところあんまり知りませんでした。
有名な舞台役者や舞台の演技方法などまったく知らなかったのです。
そこで劇団四季に詳しい、当サイトの常連さんでもあります、
千と千尋の神隠しで千尋役と千役を同時2役を演じアカデミー新人賞を総なめし、
映画「バトルロワイヤル」では千草の名言
「神様、もう一言だけいいですか?」
をモノマネさせたら日本一という大女優、まろちゃんに教えをもらいながら、(笑)
事前勉強させていただきました。
これはすんげー役にたった。
いや、マジで。
劇団四季のことをなにも知らないでライオンキング見ていたら、
絶対違った感想をもつ羽目になったと思います。
予め劇団四季の役者データなどを脳にインプットしていたおかげで、
とっても楽しく見ることができました。
実のところ劇団四季の劇はどちらかというと真面目で堅苦しいイメージが
私の中に存在していたんです。
しかし、今回初めて劇団四季の劇を観て、
肩の重荷がだらーんっとすべり転げました。
それほどリラックスして見る事ができたのです。
シュールなギャグもあり、長年ロングランされている理由もわかる気がしました。

ライオンキングについての大まかなストーリについてはここでは省略させていただきます。
まだ見てない人には悪いですしね。
ただ、私はこのストーリー結構好きです。
そしてものすごく考えさせられました。
劇の途中に出てきます

「ハクナマタタ」

(くよくよするな)という意味のおまじないは、
とっても有効的な精神療法だと思いました。
シンバ(ライオンキング)が自分自身を見失って混乱していた時に
呪術師ラフィキ(猿)が彼の自己アイデンティティを確立させるシーンは見事でした。
涙がでそうでした。

で、次に印象に残った役者さんを書いておきましょう。
それは、やっぱり

シモさん

です。
まろちゃんからも事前に「シモさんはすごいんです!」って聴いていたんですが、
正直「ほんまかいな〜」(なぜか関西弁)っと心の中で疑心しておりました。(自爆)
それがスカー役(シンバのおじさん)として登場したシモさんの演技を初めて見た瞬間、
私は痺れてしまいました。

「あーほんまにすげぇー」

って。(ほんと疑ってしまったまろちゃんには申し訳ない。ごめんなさい。)
それにしても主役のシンバ(ライオンキング)よりもシモさん目立っていいのかしら・・(笑)
まさにシモさんのライオンキングって感じでした。
カーテンコールもこれでもかこれでもかと何回も行われ、
ほぼシモさんのために行われた賛美のカーテンコールではないかっと思ったほどです。
つーか、主役よりもシモさんに演技に対するカーテンコール目立ってます。
でもいいさ、カッコイイから許す。(笑)
今思えば、私が見た日のキャストボックス(配役)はかなり当たりでした。
もしシモさんがいなかったら・・・・まったく違った劇に見えたかもしれません。
私はあんなに素晴らしい演技を見たのは久しぶりです。
私自身、かなり劇団四季好きになりました。
次回、汐留に新しくできた「電通四季劇場」で行われている
「マンマ・ミーヤ」、
京都で行われる「ハムレット」を来年見てみたいと思ってます。

最後に今回見たライオンキングは、大衆エンターテイメントの劇だと思います。
実は、劇団四季の演劇を見る一ヶ月前に別の場所で
違う劇団の劇を見ました。
その劇は、劇団四季とはまったく180度違う内容です。
私はついついその劇と今回のライオンキングとを比較しながら見ていたのですが、
改めて大衆演劇の演技法について多くのことを学びました。
小劇と大衆演劇、その差はやはり内容とパワーの違いだと思いました。
私が見た小劇もかなり感動しましたし、見ている側にもかなりのパワーを要求されました。
見終わった後、体中の魂がまるで吸い取られたかのように
クタクタになった記憶があります。
ライオンキングではそこまでクタクタにはなりませんでしたが、
演劇世界に新しい可能性を広げたことは否めません。
そう考えてる劇団四季を旗揚げし、
ここまで成長させてきた、主宰で演出家の
浅利慶太


氏の功績は大きいと思います。
良い演劇を常に提供してくれて感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。
また観させていただきます。

そんなわけで以上「ライオンキング総感」でした。

PS 四季劇場に行く途中、道に迷い、
  タクシー代を払ってないような気がするのですが・・・。
  それは私の気のせい?(笑)



幸せになりなさい。 2002/12/25[Wed] 09:56
皆さん、クリスマスイブの夜いかがだったでしょうか?
私は、あるきっかけで村上春樹の「ノルウェイの森」を
一昨日から読み始め、昨日の深夜、完読しました。
この本のストーリーは、僕にとって破滅的かつ幻想的な恋愛フィクションではなく、
僕自身今おかれている現実世界ではないのかっと思ったほどかなりリアルでした。
僕の周りで起こっている今の出来事は、
「ノルウェイの森」に書かれていることと近いニュアンスで当たっています。
旭川の地名がでてきた時は、全身震えがでたほどです。
京都、旭川、ドイツという作中にでてくるキーワードは僕にかなりの衝撃でした。
僕はここ最近こんなことをくちばしってしまいます。

「世の中なんて不条理なんだろう。」

こんな僕はまだ瞑想中なのかもしれません。
答えは常に一つではないような気もします。
あの結末に僕はただただ呆然として虚脱してしまいました。
かなり鬱な気分です。
主人公の彼女は「死」(自殺)を選択します。
そこには「やはり」というコトバという副詞がついてしまうという「せつなさ」があります。

「彼女は"やはり"死んでしまった。」

僕も同じ様に考えていた時期がありました。
「結局、彼女は死んでしまう、助からない・・・。」

作中、主人公は当時をこう回想しています。
「僕は愛されてさえいなかったのです。」

誰も傷つかないで恋愛ができたら、
それほど幸せなことはないでしょう。
みんないっぱい傷ついて、それでも恋をしてみようっと思っているのです。
この本を読んで思ったことは、強い人間にも弱さがある。
死に至る病と戦う場合、相当の”覚悟”が必要であるっということです。
その覚悟とは、一体なんなんでしょう?

たぶん、一生その人を愛し続けることではないでしょうか。

愛し続けることであり、愛され続けることではないのです。
いわゆる無償の愛というモノです。
三浦綾子著、「道ありき」で

「若いときは、人を愛してもいいけれど、愛されてはいけない」

深く考えさせられたコトバです。
あたりまえのことができない、それが人間の根本的な不条理だと思うのです。
愛の本能と戦い狂っています。
自殺してしまう彼女が主人公に以下のように発言するシーンがあります。
僕自身、少なからず似たような体験をしました。

「私はあなたが考えているよりずっと深く混乱しているのよ。
暗くて、冷たくて、混乱していて・・・・
ねえ、どうしてあなたあのとき私と寝たりしたのよ?
どうして私を放っておいてくれなかったのよ」

不条理の体験から真実の愛に近づく感情を得るのではないでしょうか。
この本をあなたにだけは読んでほしくないと切に願いたい。
なぜならこれはフィクションだからです。

クリスマスイブの夜、ちょっと考えた事を書いてみました。
久しぶりのプライベートな日記です。
たぶん、このような内容はもう二度と書かないでしょう。
そんなわけで、皆様も楽しいクリスマスをお過ごしください。
僕はティファニーのネックレスでも買うために精一杯頑張りたいと思います(笑)


君に似た夏の魔物に会いたかった 2002/12/17[Tue] 21:51
ってなわけでやっつけ仕事です(笑)
月一恒例の壁紙ですね。
遅くなってしまってホントすみません。
今回は、パサパサとやっつけ仕事的にやっつけちゃいました(笑)
出来は、星2つです。(3つが満点)
ほしい人だけもらっていってくださいな。






神登場! 2002/12/17[Tue] 00:37
「スーパーファミコンにWindowsをインストールする方法」っていうスレッドが
2ちゃんねるにあるのですが、いやー驚いた。
ついに神が出現しちゃいましたよっ!

では、驚きの世界へどうぞ。

http://free5.webdos.net/~apollo/

まさに神です。
久しぶりに大笑いさせていただきました。
最高です。ありがとう。


殺してしまえばいいとも思ったけれど 2002/12/11[Wed] 00:57
えっとですね、たぶん誰も今の私の気持ちを知らないと思うのですが、
非常に鬱です。
その理由は、さっきまで書いていた本日の日記の内容が
すべてフリーズのおかげで消えてしまったからです。
あー折角一生懸命書いた私の傑作、ライオンキングが・・・・( ̄ロ ̄lll)
ムファサ、スカー、シンバ、ナラ・・・・・さよなら・・・。
今日はとっても不幸な日です。
買ったばかりのカメラ付き携帯は壊れるし、日記は消失するし、
夕飯はご飯に納豆だけだし、
モー娘。吉澤 ひとみのわけのわからんカードが目の前にあるし、
笑笑のコースターがなぜか大量に襲ってくるし、
ブレイク必死の新人歌手「一青 窈」の名前が読めないし、
変換するのめんどうだし、ついついコピペしてしまうという自己卑劣を感じてしまうし、
いやー困ったもんですなー。
だからね、もう今日は急遽ネタの路線変更!
もうね、爆弾発言しちゃうよ。
あのね、実はね、

12月から秋田新幹線は
全車両全席指定になったの!

いやね、これビックリなのな。(松尾スズキ風)
全席指定ってどういうわけ?
つまりこれっていっさい自由席無しってことでしょ?
こりゃー秋田県民を馬鹿にしてることじゃないの?
むしろ、秋田県民は裕福だってことか?
コシヒカリとなまはげときりたんぽと松茸でお金持ちってことか?
秋田県民はみな、指定席で優雅に東京へLET'S GOですか?
のんきなもんですね。まったく・・。
自由席が無いってことは、自由が奪われるってことですか?
自由が奪われるってことは、「自由の女神」は「の女神」ですか?
「の」の女神って一体なんなんですかっ!
それにしても指定席しかないってことは厭なオヤジくさい殿方と
相席になる可能性もあるってことじゃないですか?
つまり、その逆も真なりってことで、
超美人な女性と相席になり得る可能性も高いってことじゃないですかっ!
ってことは、結果オーライ・・・。

あれ、これってすごく良いことなんじゃないですかっ!
いやー見直した。JR東日本!
さすが秋田新幹線「こまち」
だてに「こまち」という車名をつけてないっすねー。
褒めちゃいます。

ま、そんな小さな爆弾発言なんてどーでもいいですけれどね、
ホントの爆弾発言はね、
あのね、私、実は、新井亜樹が大好きなんです。
いやね、そこのあなた。
一生懸命、「新井亜樹」でグーグル検索しなくてもいいですから。
新井亜樹は新井亜樹ですから。
ま、知らない人は知らない、知ってる人は知ってるっていう役者さんです。
一度生で見てみたいんですが、なかなか見れないのな(これまた松尾スズキ風)
なんとか大人計画の劇にだして欲しいと思います。
そんなわけで、ん〜なにを書いていたんだっけ?
そうだ、思い出した。
鬱になったら、
愛正会病院
だった。
いやーごめんごめん、忘れてた。
まさに元気になれる超ド派手な産婦人科サイト!
今日はこのサイトを見て鬱直そっと。

愛生会病院
http://www.aiseikai.or.jp

マジで笑えます。


僕は黒い服の女の子には目がないのです。 2002/12/05[Thu] 23:23
さて、ついにライオンキング!

っと書きたいところなんですが・・・。

げっ!

どうしても気になって眠れない事柄に出会ってしまったっ!

それは

ギャル文字

あのね、随分前から気にはなっていたんですよ。
で、ついに本日真剣に出会ってしまいました。
そして馬鹿真面目に考え込みました。
「KANは今頃なにをやっているんだろう・・」っと思いながら考えましたよ。
「サッポロ一番 味噌ラーメン」ってなんでフルネームで
みんな言うんだろうって考えましたよ。
「この一ヶ月で、恋人候補がたちまち8人あらわれた。」
っていう某お見合いシステムを羨ましく思いながら考えましたよ。
いや、マジで話それるけれど、一ヶ月で恋人候補8人ですぜ?旦那!
僕なんて一ヶ月で恋人候補なんて一人も集まりません。(キッパリ)
メル友もセフレもメルドムもOLもコギャルもガングロも
大統領夫人もチリ人妻もごまっとうも集まりません。
ハァーため息がでます。
それにずっと前の話なんだけれども、恋人募集の号令をかけたら

「あのーあたしのこと買ってくれませんか?」

っていうメールしか届かないのはどうしてなの?
ねぇねぇ、○○ちゃん、あなたはどうして僕にそんなメールをくれたの?
それを真剣に悩んで「よしっ!買ったっ」!って英断した僕はどう?犯罪者?
前科一犯?
これはつまり性犯罪?青少年健全育成条例違反?
ま、いい。
18歳以上なら大丈夫だ。
そこに金より深い愛情があれば問題ない。
「愛は勝つ」
そう、愛は勝つんだよ、お母さん!
お金じゃねーんだよ。
愛だよ、愛。
でもねーやっぱり援助交際は駄目!
まさに嘘のようでホントになりかけた話。
ま、恋人は一人で充分。
一ヶ月で8人も相手できません。
それに僕は絶対見合いはしません。
それに僕は長男ではないので、いつでもどこでも自由に暮らします。
持ち家ありません。墓ありません。女、泣かせてばかりです。(笑)
北海道か沖縄に逃げたいくらいです。ぐすん。
そんなわけで、話が逸れた。
で、なんだっけ?
そうだ、そうだ、ギャル文字解読にそんくらい考えたんです。
しかし、わかりません!
どうしてもわかりません。
雑誌で見つけたんですが、わかりません。
こりゃ、難しい。
なんでワザワザこんな難しいことしなくちゃいけないんだよ。
ほんと今の高校生はわかりませんぜ。
そんなわけで助けてください。



わかった方は上の方にあります、掲示板でお願いします。

このギャル文字が無事に解決されたら、今度こそライオンキングを書きます。
それまで待っててください!
愛するシモさーん!


売りと買いの法則。そんな今日は生理の日でした。 2002/12/05[Thu] 00:38
風邪がなんとか治ってきました。
喉の痛みが次第に消えていきました。
皆様の励ましのお陰でなんとか元気になってきました。
ほぼ85%回復です!
ありがとうございますー!うひー!
あたしゃ頑張って風邪菌と戦いましたよ。
褒めてください。
こんな僕を褒めてください。
つーか、風邪菌って何ですの?(笑)
そんなこんなで昨日は仕事を休んでしまいました。
あははは・・。一日中お布団で寝てました。
笑い事ではありませんね。ぐすん。
風邪薬たくさん飲みました。
久しぶりにダラダラと汗かきました。
ダイエットにはいいかもしれません・・・・。
そんなわけで、本日はやっとのことで
「ライオンキングネタ」を書きたかったのですが、
ちょっと待って!
山口百恵で言うなら「♪ちょっと待って!プレイバック!プレイバック」
って感じで、
今朝の新聞を読んでいたら、どうやら2002年の流行語大賞が決まったそうですね。
私は興味津々でコーヒーを啜りながらその記事を読んでましたよ。

で・・・

2002年 流行語大賞は・・・・

「タマちゃん」「W杯(中津江村)」

「ハァ?」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021203-00000112-yom-soci

久しぶりの大文字先輩登場です。
俺「いやー大文字先輩!久しぶりの登場ですね。」
大文字先輩「おおーなまらおひさしぶりだべさ。
 ところで、なんで2002年の流行語大賞が、これなんだべや?マジ凹むべ」
俺「そうっすね、タマちゃんなんて誰も会話に使ってないっすよねー。
 俺、日常会話でタマちゃんを使ってる人なんて見たことも逢ったことないっすよ」
大文字先輩「んだっぺさ!おらもそう思ってたんだべや!
 例えで言うなら、それは北海道限定発売の「やきそば弁当」があたかも全国区で当たり前のように
 販売されていると思っていたまろちゃんがその現実を知って唖然としてしまった姿と同じ感じだべさ。
 非常にショック。オイルショック!タイムショック!(笑)
 しかしなータマちゃんが流行語大賞に選ばれたのは、おらも許すさー。
 まー日本人は動物に弱いがらなー。
 しかしーな、中津江村はねぇーべや!」
俺「そうっすねー、中津江村は第一、流行語じゃなくて地名っすよねー。
 それに

 女子高生A「明日の授業、どうする?かなり中津江村じゃね?」
 女子高生B「んだんだ、かなり中津江村!
       もう明日は、かなり中津江村だから、
       超タマちゃんするしかないじゃん!」
 女子高生A「えーえーえー、んもーB子ったら、もうタマちゃんにぞっこんなんだからー」
 女子高生B「えーそんなことないよー、A子だってかなり中津江村って感じだったじゃん。」
 女子高生A「えーぜんぜん、そんなことないよ、B子のタマちゃんにはかなわないわよ。」

 ってな会話聞いたことないっすよー」
大文字先輩「んだんだ、そのとおりだべ。なまらおかしな流行語だべな」
俺「そういえば、先輩!先輩的には今年の流行語大賞はなんなんですか?」
大文字先輩「おぉー!よくぞ聴いてくれた。おらが今年一番の流行語大賞はやっぱりアレだ、

 紀里谷目線

これだべや。これ最強。これ無敵。これ埼京線。
みのもんた的に言えば「奥さん、ココアですよ」くらい最強。」
俺「あのー大変恐縮なんですが、そのー紀里谷目線ってなんですの・・・?」
大文字先輩「ほへ?なにはんかくさいこといってんだべや!
 おめさ、あの紀里谷目線しらねーだが?
 ばかこくでねー、このほろすけがっ!」
俺「・・・・・・・・」
大文字先輩「じゃー折角だから、このおらが説明してやるべ。
 まず下の写真を見てけれ。」

 
 

大文字先輩「これは、宇多田ヒカルのPV "Deep River"から
 キャプした画像なんげんちょも、
 どうだべ?
 宇多田ヒカルがカメラ目線してるのに気づかねぇーが?」
俺「あ、確かにカメラ目線ですね。それが何か?」
大文字先輩「まだ気づかねぇーべがっ!
 んだから、カメラ目線でも、そのカメラ回してるの誰だ?」
俺「あ、わかった、旦那だ。」
大文字先輩「んだんだ、やっとわかってくれだがー。
 そう、紀里谷さんだべ。ってことは、これはカメラ目線じゃなくて
 宇多田ヒカルからの紀里谷目線だべ。
 ってことで、うちらの世界ではこれからカメラ目線のことを
 「紀里谷目線」って言う事に決まったんだべさ。
 この業界では有名な話だべさ。」
俺「はぁ・・・・知りませんでした。」


そんな感じで、今年の私的な流行語大賞は、「紀里谷目線」です。
(あの時、うまれた偶然の流行語大賞です。)
次点に「ラブサイコ」です。(あーおしぃっす)
ブービー賞は「風邪菌」です。(僕的に面白かったです。)

んな感じで明日こそ「ライオンキング」について書くぞ。
ガオレンジャー!
ってそれはちがーーーーーーーーーーーーーう!(マモーミモー風に)



○○さんと呼ぶべきか、○○ちゃんと呼ぶべきか、
 それが問題だ。
2002/12/01[Sun] 22:58
相変わらず風邪が治りません。
体調不良が続いています。
壁紙、ライオンキング、予定通り遅れています。
ごめりんご。(笑)
体調が回復したらなんとか遣り遂げたいと思います。
それまでしばらくおやすみよ。

ピース!


次の月   

       MonkeyBanana2.Com Free Counter

HTML Diary