過去ログ一覧   ホームへ

>日記に対するご意見、ご感想、並びに愛情1本は、こちらの掲示板をご利用ください。<


次の月 2003年08月の日記 前の月

KOIWAI ROCK FESTIVAL 2003 2003/08/24[Sun] 22:30
昨日、小岩井ロックフェスティバルに行ってきましたー。



http://www.koiwairock.com/

あいにくにも天気は大雨。
僕にとって初のロックフェスが、雨が強く降る夏のロックフェスティバルになりました。

ここで軽く小岩井ロックフェス、土曜日参加アーティストをご紹介。



こんなに豪華アーティストが揃ってチケ代は、なんと 6500円。

うわー安ぃぃぃぃいいい!

すんげー安いね。
フェスのチケ代としては、かなり安い料金なんじゃないかっと正直思います。
Fuji Rockで 1日 14.500円、Rockin' in Japan Fes で 9.500円だから。。。

そう考えるとめっちゃお得だよね。
ま、場所は岩手県盛岡市小岩井牧場とかなり遠いですけれどね。
はっきりいって交通費が馬鹿になりません(笑)

さて今回、僕がこのフェスに参加したいと思った目的は、モーサム(MO'SOME TONEBENDER)です。
モーサム見たさに参戦したと言っても過言じゃ御座いません。
それほど僕はモーサムが大好き人間なんです。

折角なんて軽くこの日記では、僕が見たアーティストのレビューを書いてみたいと思います。
興味があるかたはごゆっくりお読みください。
ちなみに小岩井ロックフェスでは、偶然にも当サイトの常連さん「くろ」さんと逢いまして、
彼と一緒にその日一日を行動しました。
今思えば、あの大雨降る中、一人でなくて良かった。
正直、一人だったら寂しくて凹んでました〜。

では、レポを。

【銀杏BOYZ】

・・・・・・・を見たかったんだけれど、シャトルバスが出遅れてて見逃した。
んがーσ( ̄∇ ̄;)

んもねー、この辺は運営サイドにかなりの不満が残りました。
で、なんとかエレファントカシマシからロックフェスに参戦することに・・・・・・。

【 エレファントカシマシ 】

はっきり言って

「宮本さん、サイコウ・・・・・・・!!!」

すげーです。
正直、エレファントカシマシの曲をあんまり聴いた事がなかったんだよね。
でもさ、ライブ見たら即アルバム集めたくなりました。
超感動しました。

【 GO!GO!7188 】

GO!GO!でくろさんと合流。
くろさんは、GO!GO!がメインで今回の小岩井に来たらしくかなり前の方に飛んでいきました。
僕は、GO!GO!の存在自体は知っていましたが、ほとんど曲を知らなかった。
だから、初のGO!GO!でした。
くろさんと一緒に行動していたせいか、
周りがすべてかなりのGO!GO!ファンばかりで、正直まいった。
みんな大声で歌ってるし、ジャンプしてるし、ノリノリだ。
そこに僕だけポツーーーーーーーーンっと・・・。
ありゃりゃりゃ、はっきり言ってノレねーよっ。
だって曲知らねぇーもん(自爆)

【 THE HIGH-LOWS 】

今回の小岩井ロックフェス一日目において最大の観客を集めたのがハイロウズ。
ものすごい人でした。
僕はブルーハーツが大好きで、生で甲本ヒロトとマーシーを見れたのが良かった。
それにしてもヒロトはやっぱりロックパフォーマンスを心得ているね。最高でした。

【 HAWAIIAN 6 】
ブルーフィールドから初のレッドフィールドに場所を移動してのライブ。
正直、HAWAIIAN6よりもその観客に驚いた。
んもーねー、僕は大声で言いたい。是非、言わせてくだせい!

「おまえら、正直、それやりすぎ!」

なんでかって言うと、おまえら、ダイブしまくりだ。

それにさ、そんなにダイブするんだったら、きっとHAWAIIAN6の超ファンなんだろうなぁ〜っと
正直、誰だって思うじゃん。
そしたらさ、HAWAIIAN6のドラマーがMCで

「今日はじめて俺たちのこと知った奴、手あげろ!」

って言ったら、
なんと観客の全員が一斉に手挙げてんだよ。

おまえら、曲を知らないでダイブしまくっていたんかっ!!!

ある意味、すごい。
ロックフェスの醍醐味を此処で初めて知りました。

【 BONNIE PINK 】

お久しぶりです。ボニー。
僕はボニーを見るのは、たぶん3年ぶりくらいです。
最初、レッドフィールドの観客があまりにも少なくてかなり不安でしたが、
なんとかオープニングにはまばらに増えてきて安心しました。
オープニングアクトは、「HEAVEN’S KITCHEN」
ボニーを一番目の前で見れたのが幸せでした。
今回のフェスで唯一、安心してゆったりできたアーティストがボニーでした。
やっぱりボニーが一番安心して聞ける。
やっぱり僕はボニーが大好きなんだなぁーっと改めて実感。

ボニーの衣装エロかったです。
胸の谷間攻撃やばかった。

んもーボニー最高!(笑)

【 MO'SOME TONEBENDER 】

レッドから改めてブルーステージに戻ってきました。
ステージでは、モーサム自身がチューニング。
これは珍しいことで、通常はスタッフさんが音のチューニングやマイクテストとかをするのね。
でも、モーサムは違う。
自分達で音のチューニングをしていました。
正直、その時点で僕の中でモーサムの評価が上がりました。

それにしてもやっぱりモーサムは良い。
ベースの武井さんは面白いカッコしてるし、
ボーカルの百々さんはすんげーカッコイイ。超美形です。

マジで僕はモーサムのライブを見たかったので、すんげー感動しました。
マジでカッコ良すぎ!!!!
でもね、観客の数は僕の期待に反してすんげー少なかった。

どうして?どうしてなの?

まだまだ東北でのモーサム認知度は低いんだなぁーっ。はぁ〜哀しいです。
ナンバーガールが好きな人だったらモーサムも絶対好きになるはず。
ぜひ、モーサムについてまだ知らない人は、アルバム「LIGHT, SLIDE, DUMMY」を買って聴いてください。
名盤です。超オススメ!

ライブ最高でした。
武井さん、やっぱり好きだなぁ〜。ああいう馬鹿っぽいところが。
そして、百々さんは男から見てもカッコイイ。もし僕が女だったら絶対好きになります。
今度は絶対モーサムの単独ライブを見に行きたいぜ。

【 HUSKING BEE 】

くろさん曰く「彼らは有名だよ」

ごめん、僕はまったく知らなかった。
以上。(笑)

【 くるり 】

くるりに逢うのは、一年ぶりです。
今回一番、目を惹いたのが、サポートドラマーの外人・マグワイヤさん。
んもーね、岸田君より光ってました。
すげーよ、マグワイヤ!!!
ちなみに、岸田君、相変わらずギターを弾きながら怪しい動きをしていましたが、
あまりにも激しい動きをしたために岸田君のメガネが飛んでしまうハプニングがありました。(笑)

今回のフェスでは、「虹」「東京」「ワンダーフォーゲル」「GO BACK CHINA」、新曲2曲。
小岩井で「東京」が聴けたのはすんげー貴重だったな。
やっぱくるりは、良かった。
ワンダーフォーゲルはノレる曲だしね。
最高!

【 EGO-WRAPPIN】

一日目フェスのオオトリを務めるのが、エゴラッピン。

やっぱりよっちゃん、最高。
よっちゃん、綺麗に化粧していて、かなり綺麗でした。
実は、よっちゃんみたいな女の人が僕の好みのタイプなんです。
なんで、よっちゃん、すんげー好きでした(自爆)
くちばしにチェリー、PARANOIA、サイコアナルシスとライブで盛り上がる定番の曲で
観客全員が踊り狂いました。
やっぱ最後も大雨だったけれど、そんな雨を吹き飛ばす勢いでみんな踊りまくった。
やっぱ、エゴはいい。
ライブパフォーマンスは最高!

よっちゃん最高!

以上 各アーティストのライブはすべて無事に終了し、
フェスといえば深夜の恒例イベント、DJ ブースに遊びに行ってきました。

今回は雨だったので観客は、すんげー少ねぇー。
つーか、全部で30人!?(笑)
それもそんなかの10人は、フードテナントで仕事しているスタッフじゃん。
そりゃ、そうだよ。
こんな天気じゃ、誰もビールは買わないよ。それに寒いし。

DJは、電撃ネットワークのキュウゾウ。
これまたこのDJが面白い。
もうね、ほとんどやけくそ。(笑)
DJなんだけれど、DJしてない(笑)
マジで。
ターンテーブルを操作しなくちゃいけないDJがターンテーブルを見捨てて、
前の方で出てきて観客のリクエスト聞いちゃってるもん。(笑)
おいおい、ターンテーブル一人にして大丈夫なの?(笑)

でもね、やっぱこのDJが選曲した曲は、全部良い曲ばかりでした。
すんげー楽しかった。
なぜか最後、みんな輪になって踊っていたしね。僕も踊りました。
人数少ないし、雨だし、かなりやけくそ〜!ムキー!状態。
しかし、やっぱ此処にいる人達はやっぱり音楽が好きなんだなぁ〜っと実感。
ロックフェス最後の楽しいヒトトキでした。

以上、時刻が0時を廻った所で会場を後にしました。

【総評】

今回、僕自身初めてロックフェスに参戦したのですが、
雨のフェスを一番最初のフェスで体験できたことは良い経験でした。
かなりびしょ濡れ&靴もぐちゃぐちゃだったけれど、土砂降りのフェスも楽しいことは楽しい!
次回の教訓として、雨の時には、変えの靴下やTシャツを準備したほうが無難であると学びました。

小岩井ロックフェスティバルは、全国4大ロックフェス( Fuji、サマーソニック、RIJF、EZO)のような
一日観客動員人数3万〜5万人クラスと違って、今回は大雨のせいか、1万人弱でした。
実際は、もっと少なく4千〜5千人だと思います。
このように少人数のフェスのおかげで、ものすごく近くでアーティストを見ることができました。
はっきり言って今回のフェス、全員肉眼ではっきり見ることができたんですんげーハッピーでした。
これは小規模フェスとしては大変有り難い。
来年もこのような小規模フェスで運営して頂きたいと思います。

さて、最後に帰りのシャトルバスの中で、
一緒に同行したくろさんと話し合った今回のMVPなどを最後に紹介したいと思います。


【 MVP賞 】

HAWAIIAN6のなんちゃってファン。

理由:知らないアーティストであんなにダイブ・モッシュしまくったお前らは神!

【 個人MVP賞 】

マグワイヤさん(くるりサポートドラマー)

理由:叩きながらマイクで歌った。すげー。

【 エロかったで賞 】

ボニーピンク

理由:胸の谷間が・・・・・・・。

【 やっつけ仕事で賞 】

DJ キュウゾウ

理由:DJがDJしてない。(笑)ほんとにやっつけ仕事。
    「フェスらしくなってきました」というMCが非常に切ない。



以上
一日中、晴れる事無く大雨降る中のフェスに参加したみんな、お疲れ様でした。
僕もすんげーびしょ濡れだったけれど、楽し疲れました。
来年は、晴れのフェスを期待したいです。


■「今日のカウンセリング格言」---------------------------------------------------------------------------------------

 頭の中の住人達
 騒いで僕を叩き起こして
 パーティー みんな集まってパーティー

 不意をつかれて固まったまんま
 僕は外界と交信不能
 やつら輪になって歌なんかうたって
 パーティー 終りの始まり 長い終りの中

                                         (  MO'SOME TONEBENDER 「DUM DUM PARTY」より  )




脚やせエクササイズ! 2003/08/21[Thu] 22:46
サプラーイズ!

いやね、たまたまチャンネルをNHK教育テレビにしてみたら、
ああた!びっくりしたね。
かわいい女の子が股を開いてエクササイズしてるじゃないかぁ!?

はぁ〜いつのまにNHK教育はこんなにエロ番組に成り下がってしまったのか、
頭が痛い問題です。

特にね、"中学生日記"っていう長寿番組があるの知ってる?

中学生日記
http://www.nhk.or.jp/nikki/pc.html

あの番組は、NHK名古屋放送局が作っているんだけど、最近その内容がおかしい。

つーか、過激。
つーか、過激?
つーか、やっぱり過激だよ。ゴラァ!
久しぶりに"中学生日記"を見た独身男性25歳、リンゴの詩はびっくりしました。

茶髪で、会話が今風。
つーか、教室シーンがほとんどない。そんな学生ドラマはありえへんって。(笑)
あのドリフでも結構教室シーンがあったのに・・・・・。ぷんぷんぷんぷん!

僕がまだ学校の先生になりたかった時、
その当時リアルタイムで見ていた"中学生日記"は、もっと金八先生っぽい感じの
スタンダードな中学生教育ドラマだった・・・・。
しかし、今では中学生版トレンディードラマっぽい感じなんです。
つーか、あれはライトポップなラブコメ。

どうなんでしょう?
今の中学生日記は・・・・。

僕は今の中学生日記は嫌いじゃない。
んでも、中学生日記とタイトルしてるんだからさ、もっとリアル中房っぽいところを
描こうじゃないですか、名古屋放送局さんよ。

中学生なんだからさ、みんなで遠足に行ってみたり、枕投げしてみたり、
カラオケ行ったり、買い食いしてみたり、ピンポンダッシュしてみたり、
鼻から牛乳してみたり、コンビニに置いてある成人指定本(ビニ本)を勇気だして少年ジャンプと一緒に買ってみたり・・・・。
そんな中学生サイズな行動を放送しようじゃないか。
だって、いまどきの中学生を茶髪にピアスにブサかわいい子にするっていう手法は、
単なる大人が作り出したデフォルメされた妄想にすぎないと思うのだよ。
これが所謂メディアが作り出した個性無きティーンズ文化なんだと思うのだ。
こんなの馬鹿だ。正直。

以上 徒然なるままに書いてみました。今日は鬱っぽくないので元気いっぱいです。

今思うとこの前書いた日記(下の内容)は、最悪ですね。
どうしてこんな変な日記を書いてしまうんでしょう。
反省しております。
たまにダークな自分が出てきてしまうんです。
今はいたって正常です。
精神的にやっと落ち着きを取り戻しつつあります。
最近、ゲオで買ったヤイコの本「サイキンノヤイコ」を読んでかなり救われました。
つーか、ヤイコの本が100円でした。
これは喜んでいいのか、悲しんでいいのか、正直、複雑な気持ちやった。(関西弁がうつってしまった。)
今日はその中から感動した一文をカンセリング格言に引用します。
いつか回復してみんなの前に戻りたいと思います。つーか、戻りますよ。
元気な頃の僕に戻ります。
それまで影ながら応援よろしくぅ!
んじゃ、今日はここまで。

PS 今日もあの子がかわいかった。
   ほんと綺麗でかわいい子なんだよ。あぁーもっと話がしたいよ。そんな午後22時32分。

■「今日のカウンセリング格言」---------------------------------------------------------------------------------------

 ヤイコは、色々辛いことや哀しい事はあるけれど、それは次の逆境を越えるための練習だと思ってるし、
 その向こうにはきっと素晴らしい世界が待ってるって信じてるし、いらんことはグチグチ言わず
 自分を磨くことから始まると思ってる。
 それは、外見的にじゃなくてね。
 まっ、いちいち泣いたり笑ったりするんやけどな〜(どないやねん)
 上へ上へ!
 上がっていこーぜー!

                                                    (   矢井田 瞳 「サイキンノヤイコ」より  )






激鬱だから読むな。 2003/08/19[Tue] 20:10
自己嫌悪ですまぬ。


アホと思いながら腕を切ってしまった。
あはは。っと笑いながらも心はひどくつかれきって泣いています。

なんでこんなに疲れきっているんだろう。。。。。

どうして、僕は腕を切ってしまうだろう。

無意識?

無意識に自傷してしまう僕はどこへ行こうとしてんだろう。
絶対こんなことしちゃだめだっと思っているのに。。。。

僕はなんだかわからない。
わからない、フワフワした感覚。
今突然書きたい欲求が湧き、こうやってタイピングしている。

しかし、腕からは血が流れている。
吹き溜まりのように血が盛りあがり、ダラダラと流れている。

うん、僕はどうやら自分を攻めているようだ。
まだ僕が僕を攻めているのだ。

「あなたはなにも悪くない。」

そう誰かが言ってくれたが、それもそれで正しい。

そう、そんなことは頭でわかっている。
でも、心がわかっていない。
なぜだ?僕はなぜ心がわかっていないでこんな馬鹿げたことをしてしまうんだ。

リストカッティングなんて最低だ。ってわかっているのに。。。。

それなのに僕は今日もまた腕を切っている。
十字に切られた腕から血が流れる。

頭がいたい。ガンガンする。壊れる。

はぁーなぜだ。なぜこんなにも辛いのだ。辛い。

どうしてもっと明るくならないのだ。
もっと楽しく生きていたいのに。

僕はいったいなにをしたいのだ?
僕は将来何になりたいのだ?

恋は?
愛は?
子供たちは?
友達は?
この日記を読んでくれるみんなは?

今、僕はきっとある人がいなかったなら自殺していた。
僕には今この人がいるから生きている。

なぜか僕は生きているのだ。
この人の人生において僕なんてなんにもならないことは知っている。
しかるに僕はこの人がいるおかげで今は、なんとか生きつづけているのだ。
毎日見る笑顔や声だけで僕はなんだか生を感じる。

生きるって素晴らしいって。

しかし、どうだろう。
いったん、こうやって部屋に閉じこもってしまうともう駄目だ。
錯乱状態の上、リストカッティングだ。自己嫌悪だ。
自己嫌悪さんいらっしゃーいだ。

わけわかんねーよ、詩さん。あんた、はっきりいってわけわかんねーよ。

あんた、今なにがしたいのさ?

なにがしたいのさ?

なにがしたいのさ?

なにがしたいのさ?


僕は今、なにがしたいのかさっぱりわからない。
失うものはすべて失った。

あぁ、きっと僕は誰かと触れあっていたいのかもしれない。
ぬくもりがほしいのかもしれない。
せつなさもなにもかもぐちゃぐちゃにして、誰かに寄り添っていたいのかもしれない。

僕は、きっと強がりなんだ。強がりすぎなんだ。

僕が変わればすべてが変わる。
僕さへ変わればすべていいのだ。
僕にはその変わるための原動力が今ない。
どこにあるのだろうか、僕の原動力は・・・・・。

鬱病?
それは僕のビョーキだ。
でも、そんなのはもうおしまいだ。
単なる気分障害。

僕はどうしてこんなことを書いているのだろう。

夜な夜な自己嫌悪だ。



■「今日のカウンセリング格言」---------------------------------------------------------------------------------------

  「あたしはSさんを愛していません」とLがいうと、Sも調子をあわせて、
  「僕もLを愛してないよ」
  「ほらごらんなさい」とMは勝ちほこっていいました。

  「じゃ、愛しあっていないのにどうして結婚したの?そんなの不潔じゃない」

  「おとなというものは、いろんな理由から結婚するものさ、愛なんてなくっても」


                                                    (   倉橋由美子 「結婚」より  )






恋愛にトチ狂った。 2003/08/15[Fri] 21:13
今日とあるメルマガを読んでいたら、
心臓のあたりがグサリっと刺さった言葉と遭遇。


「好きな女が出来たか、



女性にモテようと思ったか、



トチ狂ったかですよね。



いいじゃないのー、恋愛にトチ狂ったってね\(>∇<)/
キレイじゃない!それって。
なにもしないよりも恋愛を楽しむ人間ってきれいで素敵じゃない?
このご時世、恋愛以外になんか楽しいことある?

恋愛って結構楽しいもんだよ。

そんな独身男性25歳、ぶっちゃけ、まろちゃんのことが大好きなリンゴの詩です。

だめ?(笑)

まろちゃん、かわいいじゃん!

だめ?

僕の言ってること間違ってる!?

んでも、いいじゃん。
かわいいもんはかわいい。

僕は素直だからね。きちんと云うよ。
まろちゃんはずっとかわいいと想ってたし、すんごく魅力的な女性だよ。


はい、書いてて恥ずかしいから即刻撤収・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


なんなんだ、この日記は・・・・・・・・・今日の僕は、トチ狂ってます(汗)
だから、今流行のコンピューターウイルス「エムエスブラスト」に感染してしまうんだ・・・。
あー感染した時は、正直困った。
だってパソコンが起動して、速攻カウントダウン、60秒後に強制システムダウンだよ。
これじゃーネットもできないし、メールも読めない。
さらに深刻なのは、60秒でなにかい?男性諸君の性的欲求をたった60秒、一本勝負でやれっていうのか?
いいじゃないか?いい根性じゃないか!気に入った。お兄さんは大変気に入った。
僕はね、XPに向かって呟いたさ。




「やらないか?」




よし、じゃー今日のテーマは「ヤフーで有名な(以下自己規制)」

起動後、僕の息子といざ勝負!!!!!!

はぁ、どんどんカウントダウンされる。

このやろう。60秒でこの25歳独身男性と戦うとは、マイクロソフト恐るべし。

はぁーシコシコ頑張ってます。

ん・・・・・・・・・残り30秒。

早い、早いぞ。

僕より早いぞ、パソコンがイクのが。

はぁー残り20秒。
だめだ。ぜんぜんイカない。つーか、ぜんぜん絶頂にたどり着かない。あの感覚までほど遠い。

残り10秒。9、8、7、6、5、4、3、2、1・・・・・・・・・


カンカンカン!

ウインドウズを終了します・・・・・・・・・・。

THE END。

負けたよ、ビルゲイツさん・・・。

僕には無理だよ。60秒で逝くなんて・・・・・。

僕は逝かないままずっとズボンを下ろし、ボーっとしてた。
息子も白旗をあげて垂れ下がったままでした。
そんな独身男性25歳の、ひと夏の思い出でした。

いいか、青春っていうのはな、こうやってなにか一つ勝負してみるのが大人の青春なんだ。
そーじゃないとたんなる狂人だ。

そう、僕はやっぱりトチ狂ってる。(笑)

はぁーまろちゃんがこの文章を読んだらきっと蔑むに違いない。
僕はやっぱり男なんだよ、許してくれぇ〜。。。。


■「今日のカウンセリング格言」---------------------------------------------------------------------------------------

  人生が無意味だ、というのはたやすいが、無意味を生きるにはずいぶん強力なエネルギーが要るものだ。

                                                    (   三島由紀夫 「命売ります」より  )
  



疲れた。 2003/08/14[Thu] 20:30
なんだかよくわからないが生きている。
それも必死。

でもね、言いたくないようで言いたいのが「生きたい」っていう言葉だ。

「好き」っていう言葉も恥ずかしいけれども、大声で云いたい言葉だね。
僕は誰かに向かって大声で「好きだぁ〜」と叫んだことがない。

もし、キミが僕に向かって大声で「好きだぁ〜」と叫んだのなら、
僕は一生キミを好きになるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・っと思った。

しかし、実際はそんなにうまく進むもんじゃない。

誰かに「好き」と云っても、それが返ってお互いの関係をギクシャクする場合だって
少なからずあるだろう。

だから、恋愛ってよくわからない。

一生恋愛に悩む。


うむむ。

んでもね、考えたらきっと簡単なことなんだ。



「素敵な片想い。」



はい、きっとこれだ。

そうそう、これなんだよ。

「美味しい片想い。」

でもいいや。

"片想いが突然、恋に変わったあの日 初めて見つけた、愛のサイン。"

なんてね、こんな歌詞がドリカムの歌にあるけどさ。
方想いが恋になったら、どうなんのさ!?

僕はよくわからないね。
この先いったいどうなるかすらわからない。
つーか「脈無しじゃん!」みたいな・・・・まろちゃんが好きな管理人さんと一緒じゃん!(自爆)

ま、冗談はそのくらいにして、
まだまだ子供なんだろうね。
愛が不足しているんだろうね。弱いんだろうね。逃げてるんだろうね。
本音が言えてないんだろうね。怖いんだろうね。セックスなんて興味ないからね。

だからキスや抱き合うことだけで満足してしまう男なんだろうね。
手を握っただけで満足だからね。

この日記を読んでくださる皆さんの理解ある言動に感謝してます。

世界はきっと美しいし、幸せに満ちている。

僕だけまだ取り残されている。

いつか動きはじまる。
トレドミンなんてもう効かない。
もう悲しみも悲劇も僕にはない。
僕にはもうなにもないのさ。
笑って喜ぶだけで疲れるのさ。

明後日の僕はもう僕じゃない。
なにもかも終り。
終焉です。

THE END。

長かったようで短かった。

ありがとう。

僕は死ぬほど泣くだろうね、きっと。


■「今日のカウンセリング格言」---------------------------------------------------------------------------------------

 振り向くな  振り向くな 後には夢がない
                                     (   寺山修司  )




次の月   前の月

       MonkeyBanana2.Com Free Counter

HTML Diary